研究開発
  • 福建省福州市闽侯县上街镇海西高新技术产业园一期9号楼

  • 0591-83053386

研究開発システム
ホーム > 商品ラインナップ > 研究開発システム

研究協力

当社は、中国の深加工製品の研究開発センター、および中国医科大学医学部、北京大学医学部、福建農業大学、福建医科大学、福建師範大学、その他多くの大学や研究機関と長期的に安定した協力関係を持ち、技術コンサルタントとして国内外で著名な専門家を多年雇用しました。私達は国内および海外企業と絶えず技術交流をし、絶えず新しい技術および発見を導入し、そしてそれは霊芝の研究開発の分野で強力な企業の強さを確立しました。

国内特許保護技術

仙芝科技が独自に開発した霊芝培地および霊芝煎じ薬片の処理方法は、20年発明特許によって保護されています。 1、霊芝栽培基、当社が独自に開発した“ヨクイニンの殻と種子を利用して制作された霊芝培養基地”技術は、ヨクイニンの殻及び種子の使用だけでなく、この方法によって培養された霊芝多糖の活性成分も比較的高い。 この方法は操作性があり工業化が容易であり、そして生態農業の持続的発展のために重要な実用的意義を有する。 この技術は、20年間の発明特許保護(特許番号:201210196616.1)を付与されています。 2.霊芝煎じ薬加工方法、霊芝の有効成分の溶解速度を向上させることができる加工方法独自開発した、「霊芝多糖類の溶解速度を向上させることができる霊芝煎じ薬加工法」は、煎じ薬中の脂溶性物質を抽出し、活性成分と水との接触表面積を増加させる。水溶性有効成分霊芝多糖類の溶解効率を向上させ、活性有効成分を損なうことなく、これは霊芝の薬効および利用価値を高め20年間の国内特許保護(特許番号:201310615472.3)を取得しました。

霊芝国家規格制定ユニット

当社は2007年より、国家規格委員と提携して、「霊芝胞子粉末収穫・加工技術規範」国家規格作業の策定、2012年規格が認められ発足されました。2010年には、当社は国家食品医薬監督管理局及び省の食品医薬品局により委託され、州食品医薬品局と協力して、健康食品原料の霊芝およびその抽出物の国家規格を策定します。これらには、霊芝水抽出物および霊芝アルコール抽出物の標準の開発が含まれます。


2大学者ワークステーション

当社は2010年より、中国医学科学院医学研究所は共同で仙芝楼アカデミックワークステーションを設立しました。これは良い結果をもたらし、2つの賞を受賞しました。

研究の焦点は以下のとおりです:

1.薬用バクテリアの現代加工技術 2.霊芝トリテルペノイド参照品の調製技術 3.霊芝の抗腫瘍活性研究 4.霊芝胞子油活性成分とその薬力学的研究

2014年、当社はDequan学者の学術チームと提携し、仙芝科技アカデミックワークステーションを設立しました。ヨクイニン種子の抗腫瘍活性成分の抽出、分離およびスクリーニングと現代の加工技術の共同研究を行いました。 このプロジェクトの実施を通して、当社はヨクイニン等の漢方薬の深加工産業を拡大し、植栽基地で農民の収入を増やし、そして次に地元経済発展の促進をもたらしています。

contact